個人向けのおすすめレンタルサーバーを徹底比較【2018年】

個人向けのおすすめレンタルサーバーを徹底比較【2018年】

レンタルサーバーを選ぶうえで重要視するものは何でしょうか?

経済性?機能性?安定性?知名度?

何に重きを置くかは人それぞれですが、気をつけておくべき要点は絞ることができます。

本記事では、レンタルサーバーを選ぶ際に気をつけたい機能的な要点を比較しながら、個人的に今年おすすめできるレンタルサーバーをランキング形式で紹介したいと思います。

 

無料レンタルサーバー おすすめ3選

まず、無料のレンタルサーバーについて、おすすめできるものを紹介していきたいと思います。

今回は、安定性や知名度、わずかな機能差を考慮して順位を決めさせていただきました。

それでは、1位から順番にご紹介します。

 

第1位 Xdomain 無料レンタルサーバー

【引用】https://www.xdomain.ne.jp/

 

後述する有料のレンタルサーバーで最も有名なXSERVER株式会社が運営しています。

ドメイン取得を目的とした運営をしていますが、その一環としてレンタルサーバーを提供しています。

運営元が大手ということもあり、安定性は高く信頼できると考えます。

また、ディスク容量も1.0GB(1,000MB)と多めになっており、PHPやMySQLの利用も可能ですので、WordPressを使用することができます。

スマートフォン向けの表示では広告が掲載されてしまうため有料のものとは差別化が図られていますが、自分で広告を表示させる(商用利用する)ことも可能です。

なお、Xdomainで独自ドメインを取得している場合、機能が拡張(ディスク容量が1.0GBから3.0GBに拡張、など)されますので、ご利用の際はセットでの運用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

機能的な要点は次のとおりです。

・HDD容量 1.0GB(1,000MB)
・サーバー側の広告表示 スマホ・タブレットのみ有
・ユーザー側の広告表示 可能
・独自ドメイン 可能(10個)
・PHPの利用 可能
・CGIの利用 不可
・MySQLデータベース 可能(5個)
・データ転送量(1日換算) 0.7GB程度(20.0GB/月)

 

第2位 StarDomain 無料レンタルサーバー

【引用】https://www.star-domain.jp/

 

こちらは有料レンタルサーバーのStarServerを運営しているNetowl株式会社が運営しています。

Xdomainと同じく、ドメイン取得を目的とした運営をしており、その一環として無料のレンタルサーバーを提供しています。

後述する機能的なスペック以外におけるXdomainとの大きな違いとしては、StarDomainでドメインを取得しないと利用できない点でしょう。

個人的には交換条件のように良い印象を持たなかったため、マイナス評価とさせていただきました。

他には、サーバー自体の安定性と知名度がXdomainの方が勝るかな、と感じましたので、2位とさせていただきました。

 

機能的な要点は次のとおりです。

・HDD容量 3.0GB(3,000MB)
・サーバー側の広告表示
・ユーザー側の広告表示 可能
・独自ドメイン 可能(1個)
・PHPの利用 可能
・CGIの利用 可能
・MySQLデータベース 可能(1個)
・データ転送量(1日換算) 1.7GB程度(50.0GB/月)

 

第3位 XREA Free

【引用】https://www.xrea.com/

 

こちらは、GMOデジロック株式会社が提供しているレンタルサーバーの無料プランになります。

GMOデジロックという名前はあまり聞いたことがないかもしれませんが、GMOインターネット株式会社のグループ企業ですので、グループ全体としては大手と言えるでしょう。

機能的にはXdomainと遜色ありませんが、広告の強制的な挿入がスマートフォンだけが対象なのか、PCも対象なのか、明確な記載が確認できません。

時間があれば、実際に利用してみて確認したいと思いますが、現時点ではこの順位とさせていただきました。

 

機能的な要点は次のとおりです。

・HDD容量 1.0GB(1,000MB)
・サーバー側の広告表示
・ユーザー側の広告表示 可能
・独自ドメイン 可能(10個)
・PHPの利用 可能
・CGIの利用 可能
・MySQLデータベース 可能(1個)
・データ転送量(1日換算) 1.0GB

 

有料レンタルサーバー おすすめ3選

次に、有料のレンタルサーバーについて、おすすめできるものを紹介したいと思います。

有料の場合は、各社の料金設定が異なりますので、比較するうえで悩ましいかもしれません。

今回は、標準的なプラン内容を基準とし、安定性や知名度、利用料金を考慮して順位を決めさせていただきました。

それでは、1位から順番にご紹介します。

 

第1位 XSERVER

【引用】https://www.xserver.ne.jp/

 

業界内で最も利用されているレンタルサーバーといえば、こちらのXSERVERではないでしょうか。

安定性やアクセス負荷への強さが魅力となり、知名度も高いです。

また、知名度だけではなく、機能面も充実していますので使ってみて物足りないと感じることはないでしょう。

その分、利用料金は他社と比べて高めになっていますが、月額で1,000円程度ですので、無理のない範囲ではないでしょうか。

機能的にはX10というプランから徐々に高性能になっていきますが、このX10のプランが他社の標準プラン程度の内容になっていますので、最初は使い余すぐらいに充実しています。

さらに、独自ドメインのプレゼントキャンペーンや、10日間の無料お試しも実施していますので、初心者でも利用しやすいのではないでしょうか。

利用料金はプラン別の他、契約期間(3か月から36か月まで)が長いほど割安になります。

 

機能的な要点は次のとおりです。

・HDD容量 200.0GB ~ 400.0GB
・利用料金(1か月換算) 900円 ~ 4,800円
・サーバー側の広告表示
・ユーザー側の広告表示 可能
・独自ドメイン 可能(無制限)
・PHPの利用 可能
・CGIの利用 可能
・MySQLデータベース 可能(50個 ~ 70個)
・データ転送量(1日換算) 70.0GB ~ 100.0GB

 

第2位 LOLIPOP

【引用】https://lolipop.jp/

 

こちらは、他社と比較して格安のプランが用意されていることで有名ですね。

単純に利用料金の安さに注目しがちですが、機能面も充実していますので、ブログを始めたばかりの時期であれば十分といえるでしょう。

ブログの容量が増えてきた場合や、複数のブログを運営する場合に、プラン内容が物足りなくなってくるまでは格安のLOLIPOPを利用する、という方針も可能かと考えます。

こちらも、10日間の無料お試しが可能ですので悩んだ場合は利用してみてください。

最安値のエコノミープランの場合はMySQLデータベースが利用できませんのでご注意ください。

 

機能的な要点は次のとおりです。

・HDD容量 10.0GB ~ 400.0GB
・利用料金(1か月換算) 100円 ~ 2,300円
・サーバー側の広告表示
・ユーザー側の広告表示 可能
・独自ドメイン 可能(20個 ~ 無制限)
・PHPの利用 可能
・CGIの利用 可能
・MySQLデータベース 可能(0個 ~ 100個)
・データ転送量(1日換算) 40.0GB ~ 無制限

 

第3位 さくらのレンタルサーバ

【引用】https://www.sakura.ne.jp/

 

こちらは、格安のプランから超大容量のプランまで、豊富なラインナップを用意されいます。

まさに1位と2位の良いとこどりを狙ったようなプラン構成といえるでしょう。

また、無料のお試し期間は14日間となっていますので、僅かですが他社よりも長く試すことができそうですね。

最安値のライトプランの場合はMySQLデータベースが利用できませんのでご注意ください。

 

機能的な要点は次のとおりです。

・HDD容量 10.0GB ~ 700.0GB
・利用料金(1か月換算) 129円 ~ 12,960円
・サーバー側の広告表示
・ユーザー側の広告表示 可能
・独自ドメイン 可能(20個 ~ 無制限)
・PHPの利用 可能
・CGIの利用 可能
・MySQLデータベース 可能(0個 ~ 無制限)
・データ転送量(1日換算) 40.0GB ~ 200.0GB

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

レンタルサーバー自体は数多く存在していますが、初めて利用する際に、自分で探して決めることは大変な作業です。

これからブログ運営をしていこうと決意した矢先、スタートラインで悩み過ぎないよう、厳選したものを紹介させていただきました。

ぜひ参考にしてみてください。

ではでは。

 

BACK TO TOP