シルク・ド・ソレイユの日本公演は?名古屋公演におすすめの駐車場もご紹介

シルク・ド・ソレイユの日本公演は?名古屋公演におすすめの駐車場もご紹介

世界中から高い評価を受けるエンターテインメント集団、シルク・ド・ソレイユによる2018年の日本公演、キュリオス。

前々から気になっていましたが、今年は思い切って名古屋公演を観てまいりました。

初めて観る生のサーカス?はとても迫力があり、とても面白かったです。

さて、本記事では、これから観に行かれる方や、迷っている方のために、気になる情報をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

 

シルク・ド・ソレイユって?

シルク・ド・ソレイユは、火食いの大道芸人だったギー・ラリベルテが、1984年にカナダのケベック州に創設したエンターテインメント集団です。

ギー氏は、現在も最高経営責任者を務めているだけではなく、2009年には世界で7人目の宇宙旅行者として、国際宇宙ステーションに滞在した経歴の持ち主です。

これには、調べてみてびっくらこきましたが、さすがの経歴と言わざるを得ませんね。

 

キュリオスってどういう意味?

2018年における日本公演のタイトルであるキュリオスは、好奇心や骨董品という意味のようです。

本作品は、シルク・ド・ソレイユの創設30周年を記念して制作された作品として、2014年から世界各地で公演されているようです。

過去の作品を観ていない私では比較することはできませんが、大迫力の内容を観れば、その完成度の高さに素直に拍手を送りました。

 

公演情報やチケット価格は?

今回のキュリオス公演も、名古屋公演で折り返しを迎えます。

既に終わってしまった公演箇所もありますが、名古屋公演を含めまだ間に合いますので、気になる情報を確認してみましょう。

 

キュリオスの公演概要

まずは、公演箇所や期間についてまとめてみましたので、確認してみましょう。

 

公演箇所 公演期間
・東京公演 2018/02/07(水)~ 2018/07/08(日)
・大阪公演 2018/07/26(木)~ 2018/11/04(日)
・名古屋公演 2018/11/22(木)~ 2019/01/27(日)
・福岡公演 2019/02/15(金)~ 2019/03/31(日)
・仙台公演 2019/04/19(金)~ 2019/05/29(水)

【参考】http://www.kurios.jp/index.html

 

こうやってまとめてみると、約一年以上も日本で公演をしていることが分かりますね。

東京公演については、追加公演を含む期間となっていますが、やはり一番長く公演されていたようですね、うらやましい限りです。

 

公演箇所別のチケット価格について

次に、チケットの種類と価格についても確認してみましょう。

 

 

左側が東京公演、大阪公演における料金表、右側が名古屋公演における料金表です。

福岡公演については、記載の仕方は変わっていますが、名古屋公演と同額になっています。

仙台公演については、子供料金の設定もあり、SS席のみグループチケット料金の設定もありますが、ここでは割愛させていただきます。

土日祝公演は、全ての座席において、平日公演よりも1,000円割高になっています。

また、グループチケット(4枚セット)の場合、1人当たりに換算すれば、S席で1,750円、SS席で2,000円割安になっていますが。

4人以上で観に行かれる場合には、こちらの方がお得になりますのでご検討してみてはいかがでしょうか。

なお、東京、大阪、仙台公演においては、子供料金が別に設定されており、4,000円割安になっています。

更に、東京公演では、学生料金も別で設定されており、1,000円割安になっています。

ただ、東京、大阪公演においては、グループチケット料金の設定がありませんので、観に行かれるメンバー構成によっては差が出そうですね。

 

公演当たりの座席数、おすすめの座席は?

キュリオスの公演は特設テント内で行われ、1日当たり、午前と午後の2回公演になります。

1週間に1日程度の休演日がありますが、それ以外にも貸切公演の日があるため、詳しくは公式サイトをご確認くださいまし。

ちなみに、特設テント内には、約3,000席が設けられていますので、1日当たり約6,000人が来場しているという計算になりますね。

1人当たり、およそ1万円のチケットを購入している訳ですから、座席代だけで1日当たり数千万円ということになりますね。

ここに、飲食代やお土産代の販売額が加わる訳ですから、日本での興行収入は計り知れませんね。

さて、これからチケットを購入しようとお考えの方にとって、気になるのはどこが観やすいか、ではないでしょうか。

値段を気にしないのであれば、SS席(オリジナル特典付)が最も臨場感を楽しめるのは間違いありませんが、結構割高になりますので、特典が不要であればSS席で十分でしょう。

ただ、SS席といっても範囲が広いですよね。

私の場合は、E席の中段付近、通路前の列のうち、中央寄りの座席で観ましたが、十分に楽しむことができました。(下図の赤丸箇所)

 

 

これからチケットを購入される場合におすすめするとすれば、D席もしくは、C、E席の中央寄り、かつ可能な限り前列の方、ですね。

B、F席については、ステージの側面になってしまうため、おすすめできません。

迷った際には参考にしてみてくださいまし。

 

名古屋公演のおすすめ情報

私の場合、他県から車で観にいきましたので、駐車場の確保が気になるところでした。

結果的には、ネットに記載されていない穴場の駐車場を見つけることができ、1日ゆっくりと楽しむことができましたので、ご紹介します。

 

名古屋公演の開催場所、公式駐車場は?

名古屋公演は、ナゴヤドームの北側、名古屋ビックトップにて開催されています。(下図参照)

 

公式駐車場としては、特設テントの前に駐車スペースが設けられているので、行けばすぐに分かると思います。

なお、駐車料金は1回当たり1,000円となっており、対象となる公演の開始1時間前から、終了30分後まで駐車することができます。

私の場合は、土曜日の午前公演を観に行きましたが、公演開始の1時間前の時点では駐車場に十分空きがありました。

ただ、公演を観る以外にも、そのまま周辺を散策する場合には、駐車できる時間が限られていますので、注意が必要です。

 

ネットに書かれていない穴場の駐車場は?

ナゴヤドームのすぐ西側にはイオンモールがありますので、その駐車場を利用しようとお考えの方も多いのではないでしょうか。

私も調べてみましたが、3,000円以上の買い物をすれば3時間まで無料になるようですが、ナゴヤドームでの野球やイベント目的の場合には、別途6,000円という高額な駐車料金が加算されます。

あまりに高額すぎて、私はゼロの数を数え直しましたが、やはり6,000円のようですので、十分にご注意ください。

なお、周辺にはコインパーキングもちらほらありますので、万が一、公式駐車場が満車の場合であっても、多少歩けば何とかなるとは思います。

でも、少しでも近くでお手頃な駐車場をお探しの方のために、私が利用した穴場の駐車場をご紹介します。

ただ、個人営業の駐車場のようですので、毎日必ず営業している訳ではない、という点については、あらかじめご注意ください。

まず、駐車場の場所については、下図の赤丸のあたりです。

 

 

駐車場に空きがある場合には、県道215号線を越えた辺りで客引きをしている方がおられますので、話しかければ案内してくれます。

私が利用した駐車場は、アスファルト舗装がされているところで、1日駐車して500円でした。

キュリオスを観てから、イオンモールに行き、ショッピングと食事をして、18時ごろに帰るまでゆっくりと楽しむことができました。

他にも砂利敷きの駐車場もありましたが、値段は同じようです。

なお、午後公演を観に行かれる場合には、午前からの利用者によって満車になっている可能性が高いので、ご注意ください。

 

名古屋飯が食べれるおすすめの食事場所は?

最後に、おすすめの食事場所についても紹介しておきます。

せっかく名古屋に来たのだから、名古屋飯を食べたいとお考えの方もおられるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、お隣のイオンモール内の1階に入っている、矢場とんです。

名古屋飯といえば、ひつまぶし、味噌カツ、手羽先、きしめんなどが有名ですが、矢場とんは味噌カツの発祥の店といわれています。

普段はソースで食べているとんかつに、さらさらとした特徴的な味噌たれをこれでもかとかけることで、普段とは違ったおいしさが口の中に広がることでしょう。

キュリオスと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2018年のシルク・ド・ソレイユも折り返しを迎えましたが、これからご覧になる方にも、次回以降に観てみようとお考えの方にも、参考なれば幸いです。

定期的に開催されている日本公演ですが、毎回違ったテーマでの公演を開催してくれるため、次回以降もまた観に行ってみようかと考えています。

観に行こうかお悩みの方は、せっかくですのでこの機会に観に行ってみてはいかがでしょうか?

ではでは。

 

BACK TO TOP